ニュースリリース

平成23年6月6日
株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト

多言語コールセンターによる
5ヶ国語対応通訳サービスの提供開始について

 株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:中田晴夫、以下、NTT-MA)は、日本に入国・在留する外国人が増加する中、外国人のお客様対応に苦慮している企業や自治体のニーズに応えるため、共同利用型の多言語コールセンターを設置し、5ヶ国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)に対応する通訳サービスの提供を平成23年6月9日から開始します。
 NTT-MAが提供する多言語通訳サービスは、複数社でセンターを共同利用していただくことで低価格を実現しており、エリアの制約や拠点数に制限はなく、1契約でどこからでも何ヶ所からでもご利用いただける点が特徴となっています。

1.背景

 日本に入国・在留する外国人の増加により、外国語対応の必要性はもはやグローバル企業だけの話ではなくなってきています。
 各企業は外国人のお客様からの問合せや申し込みに対応するため、バイリンガルスタッフを直接雇用するなどの対策を始めています。
 しかしながら、複数の拠点を有する企業が、全拠点に多言語に対応するためのバイリンガルスタッフを配置するには、非常にコストがかさみます。
 また、企業の顧客対応窓口の長時間化が迫られる中、シフト勤務に対応する複数のバイリンガルスタッフを雇用するには採用コストや労力がかかると同時に転退職リスクへの対応策も講じる必要があります。
 自治体においては、外国人住民への基礎的行政サービスを提供する基盤とするため、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が平成21年7月に公布されました(平成24年7月までに施行予定)。この法律により、外国人住民からの電話による問合せや窓口来訪が増加することが予想されることから、自治体としても対応策を迫られている状況です。
 そこで、企業や自治体のニーズに対応し、これまでも外国人のお客様からの電話による通訳業務を行ってきた実績をもとに「多言語通訳サービス」をパッケージ化して新たに提供開始することとしました。

2.多言語通訳サービスの概要

 本サービスは、NTT-MAが運営する多言語コールセンターをご利用いただく共同利用型の電話通訳サービスです。センターを複数の企業による共同利用型とすることで、低コストでの提供が可能となり、企業や自治体が手軽に外国語対応を実現することができます。
 企業・お客様・センターでの電話による3者通話を基本とし、5ヶ国語に対応しています。

○対応言語(5ヶ国語)

英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語(1契約で全ての言語をご利用いただけます)

○利用イメージ

詳細は 【別紙1】 を参照ください。

○サービス提供時間

9時〜21時(12月30日〜1月3日を除く全日)

○利用料金

月当たりのご利用時間に応じて4つの料金プランを用意しています。
プラン初期費用月額基本料月あたりの延べ
ご利用可能時間
ご利用件数の目安
(1通話10分想定)
超過料金
(1分あたり)
SSプラン50,000円 30,000円 2時間約3件/週250円/分
Sプラン 50,000円 5時間約1件/日200円/分
Mプラン100,000円13時間約2、3件/日160円/分
Lプラン200,000円30時間約6件日130円/分
※ 金額は全て税込です。
※ 月当たりの延べご利用可能時間を超過した場合、各プランごとの超過料金が発生します。
※ 通話料金は上記料金に含まれておりません。
※ 共同利用型であるため、対応言語が混み合っている場合はお待ちいただくことがあります。

契約ごとに多言語コールセンターにつながる電話番号を1番号ご提供します。
電話番号は、契約いただく企業ごとに異なる専用の電話番号となります。

○サービス提供開始日

平成23年6月9日(木)
サービス提供に合わせ「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス 2011 in 大阪」(6/9〜10)へ出展します。

○その他

パッケージでのご提供以外にも専門用語に対応した通訳や直接外国人のお客様からのお問合せに対応するというご要望にも個別にお応えいたします。

《本件に関するお問い合わせ先》

株式会社エヌ・ティ・ティ マーケティングアクト コンタクトセンタ部 コンタクトセンタビジネス部門
フリーダイヤル:0120-050513 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日・年末年始を除く)
Eメール:ccbiz@nttact.co.jp

このウィンドウを閉じる